アイスランドポピー見つけました。

今回はこの花を見つけました。
最近、カメラを始めたので、とくによく見るようになった気がします。
別名は…

シベリアヒナゲシ

赤とピンクのアイスランドポピーが咲き誇る。
その辺によく咲いていますが、ケシの仲間だったんですね。
和名がシベリアヒナゲシ、英名はアイスランドポピー…後者のほうがなじんでいるような気がします。
(注意:この記事は、wikipediaを参考に個人的な感想もまじえていますので、誤解などありましたらスイマセン)

ケシの花は有毒ですが、どうやら彼女達にも毒があるそうです。
色の多様性や鮮やかさから、綺麗な花には…というやつでしょうか。

アイスランドポピーの群れ
花言葉を調べてみたのですが、
調べるほど色々とあることが多いのですが、
「慰め」が一番広まっているそうです。

う~ん、なぜ「慰め」?
調べてみるのは面白いような気もしますが、
花言葉の意味付けは、星座の由来や神話の世界のように曖昧で、
ロマンチックすぎるので、脇においとこ。

僕が一番におススメしたいのは、この写真です!!


今、まさに花開こうとしている、そんな瞬間でありますが、
これはズバリ[wp-svg-icons icon=”pacman” wrap=”i”]

「あなた、スーパーマリオに出てましたよね!」

お名前が…そう、パックンフラワーですよ!
あの毒々しく、土管から出たり入ったりする…そう感じたのは僕だけかもしれません。

ちょっとグロテスクですが、うん、きれいですよね。
この、トゲというか毛というか、チクチクしたのが無いと、真面目にいけないケシの花ということになるそうです。

逆光から撮ってみた

頑張って逆光から狙ってみました。
我ながら、後ろの鉄塔がちら見えしてるのが、好きです。

逆光で咲く、アイスランドポピー
モノクロにも挑戦してみようかと思ったのですが、
夕日の時間が限られていて、冷や汗をかきながらの一枚。

ポピーよりもアイスランドポピーは一回り大きくて、
色も強くて、インパクトが強く感じます。
咲いていると必ず目を惹きますね、素敵です。
次はもっときれいに撮ってあげれるようになりたいと思います。

最後にもう一枚…
この写真は、加工をかなりしているので、不自然かもしれませんが、好きなので。

編集した、光の中のアイスランドポピー
どうも、ここ最近、心に迷いや不安があるのか、
こんな写真が胸に響きます。
この写真を見てくれた方は、なにを感じますか(^^;)
写真はどんなものであれ、見た方の心を現すと考えていますので、
(撮った人の気持ちは、どうであれ)ぜひ、眺めてみて頂けたら嬉しいです。

ちなみに、どうでもいいことですが、僕はこの記事を書くときに、
YouTubeの「ふるさとの夜の音」をかけて、日本酒辛口「三千盛」を飲みながら書かせていただきました。
しみるんだな、これが。

今回も、最後までお付き合いくださいました皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です