「道」は心を現す

今回のテーマはを見て「あなたが何を感じるか」です。
写真を撮り始めて、短いながらに約5ヶ月。
どこか行くたびに必ず撮るのが「」です。

「道」を撮りたくなる時

光と闇にてらされて
僕が道を撮る時、その一瞬の気持ちは、
「この先は、どうなっているんだろう…」という興味と不安でゾクゾクしてます。
先に進みたいような、進みたくないような…
言い換えれば、
先にあるものは、とてもつまらなくて、がっかりするかもしれません。
でも、もしかしたら、もっと素敵なものが待っているかも。
そのな気持ちが込められています。(勝手にね ^^;)

写真は一瞬を写す

神社の参道
さて、そうは言っても探索はしたい訳で…
僕は「道」の先に進まなければなりません!!
さらなるワクワクとドキドキを抱いて。
その後は、進んだ者だけが知っている(笑)

しかし、写真を見てくれた方に、
その後の気持ちを100%伝えることは、たぶん無理だと思います。
まさに感情の一瞬の変化が存在してます、しかも個人別々で。

氷の道
でも人って面白いですよね、
一枚の写真から、ある程度勝手にストーリーを作って、
先を思い浮かべてくれるんです。
良くも悪くも、自分にちょうど良く。

「んじゃ、そのストーリーはどこからくるの?」
ということで今日のまとめ!!

あなたの「道」

落ち葉の先は
その写真を見た方の、その時の気持ちが
」という想像しやすい媒体を通して、
勝手に現れて、ストーリーになっているんだと思います。
時と場合、色々なタイミングで、同じ一枚で感じ方が違う。
見た方の、その時の心が現れてるんだと思います。

今回は、少し硬めな文章になってしまいました。
カメラって、写真って、素敵です。
最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です